[PR] 印刷会社 東京

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< ごぶさたしていました。 | main | お久しぶりです。 >>

近況報告




こんにちは!
長らく更新せず放置してしまい、申し訳ありませんでした。

Art!Port!Onahama実行委員会事務局である「ギャラリー創芸工房」は、現在お休みしています。
オーナー夫妻は現在沖縄に滞在中です。私は一時的に東京に避難していましたが、今はいわきにいます。元気です。
イベントに関わってくださった作家やスタッフの皆さんも、無事のようです。
命は助かっても、家を流されてしまったり、いまだ遠くへ避難して自宅へ帰ることができないでいる方もいらっしゃいます。

今年は残念ながらArt!Port!Onahamaは開催できませんが、私個人としては、Onahamaという名前にこだわらず、他のアートプロジェクトのお手伝いをしたり、自由に活動していきたいと思っています。

新しい動きがありましたらまたご報告します。


このたび、アサヒ・アート・フェスティバル(AAF) 様より、ネットワーク活動支援金をいただきました。
本当に、なんだか申し訳ないというか、ありがたいことです。
支援していただいた皆様には、深く、深く感謝いたします。
本当にありがとうございます!

小名浜、そしていわきは東日本大震災による地震と津波、そして福島第1原発の放射能漏れによってこれまで味わったことのない深い傷を負いました。
おそろしいことに、放射能はいまだに漏れ続けています。
今後の地元の産業にどこまでの影響が出るのか、この、「レベル7」の物件と隣り合わせのいわき市に住み続けるということがどういった危険を孕んでいるのか、結局のところ誰もわかりません。私自身は常に緊急避難の覚悟をして暮らしています。

しかし、厳しい状況の中、わくわくするようなプロジェクトが市内各地で動き出しています。人の生命力はすごいなと思います。

支援金は、地元で活動中の、またはこれから活動を始めるアートプロジェクト団体の復興プロジェクトなどに活用させていただきたいと考えています。

支援金の活用内容も、追って報告いたします。

              Art!Port!Onahama実行委員会 代表  松田 文




小名浜港のプロムナードは、このようにボロボロになってしまいました。遠くに見えるいわき・ら・ミュウは、10月に再オープン予定です。








Art!Port!Onahamaのメイン会場だった6号倉庫も津波の被害に遭いましたが、意外にも!原型をとどめています。






すっかりえぐれてしまいました。倉庫の南側に設置されていた白いコンテナ部分は100mほど先のみなと公園に転がっていました。


AAF ネットワーク活動支援募金にご協力ください

| TO EVERYONE! | 23:39 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 23:39 | - | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Search
New entries
Categories
Archives
Profile
Links
Recent comment
Sponsored links
Others
みんなのブログポータル JUGEM